L'o.d. journal

89

うぅぅぅ、寒い!
もう3月も半ばになろうとしているのに、ブリュッセルにはまたまた寒波が戻ってきました。
昨晩から降り続いた雪で、今朝はすっかり銀世界。
先週は温かい日が続き、一気に春めいてきそう、なんてお客様とメールでお話ししたばかりなのに!
陽の良く当たる場所に植えられている桜は一つ二つと咲きはじめていたんですよ~><
明日は-9度まで下がる予報 (ため息…)。
春がまた少し遠のいたブリュッセル。皆さまのお住まいの地域はいかがですか?


2008年2月24日にスタートした当店。
そして本日を持ちまして、お陰様でロブジェデリシュウは5周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様のご愛顧のおかげと、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

5年前はまだまだメジャーではなかったベルギーBOCHのアンティーク・ビンテージ食器を沢山の方にご紹介したかったのが当店をはじめたきっかけ。
この5年間で本当にたくさんのアイテムが日本へ旅立って行きました。
きっと今も皆さまのお手元で可愛がっていただいてますよね^^

これからも皆さまにお気に召していただけるようなお品をご紹介してまいります。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
昨年末の話になりますが…
久しぶりにロンドンへ小さな旅行に行ってきました。
ブリュッセルからユーロスターで2時間ほど。
前回訪れた時は到着駅がWaterloo(現在はSt.Pancras)で、所要時間は3時間半ほどかかった記憶がありますから、
その交通網の進化には驚くばかり。
都会のロンドン、そして、ちょっぴり足を延ばして郊外のアンティーク街を満喫した小旅行。
ベルギー・フランスではなかなか出逢えない、イギリスアンティークで目の保養をしてきました。
可愛いアイテムも連れて帰ってきましたよ^^ これからショップでご紹介しますね。

素敵な週末をお過ごしください。 Bon week-end!

こちらブリュッセルは雨のノエルとなりました。
気温は10℃程あり、例年の冬と比べるととても温かい一日になりそうです。
皆さまのお住まいの地域はいかがですか?

素敵なクリスマスを。
そして、もう年末のお休みに入られた皆さまは、楽しい休暇をお過ごしください。

   
先週はお休みをいただきありがとうございました。
また、ご注文やお問い合わせをいただきましたお客様には、お返事をお待たせしましたことを改めてお詫び申し上げます。

お品物の発送をお待ちいただいているお客様もたくさんいらっしゃるのですが…
こんな時に限って、郵便局のシステムがダウンするトラブルが。
http://www.bpost2.be/blog/fr/2012/11/13/probleme-informatique/ 

現在はシステムも回復した様子。明日から当店からの発送業務も再開します。
発送をお待ちいただいてるお客様には、手続きが完了次第また改めてご報告させていただきます。
今しばらくお待ちくださいね。

とはいえ、明日には国鉄などがストップするストライキが予定されており、なんだか混乱が予想される一日になりそうなブリュッセル。
朝の大渋滞は避けられないかも…。
いつもロブジェデリシュウにご訪問くださり、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、11月8日(木)から11日(日)までお休みさせていただきます。
お休み期間中、HPからお買い物はしていただけますが、お問い合わせへのお返事や
送料を合わせた合計金額のご連絡は11月12日(月)以降となります。

どうぞよろしくお願い致します。

すっかり寒さが身に染みる毎日となったブリュッセル。
色付いた落ち葉が道を覆っています。
暖房の効いた部屋で、のんびりとお茶をいただくのがますます楽しい季節のはじまり。
編み物や刺繍の本を眺めては、「これ作ってみようかな。」なんて。
秋は不思議と創作意欲が湧いてくる季節でもありますよね^^
念願のメイソンピアソンのブラシを手に入れました。
普段使いの大きなサイズと、「携帯にきっと便利」と小さいサイズと、2つのブラシを大人買い^^
ブラシをした後はなんだか髪の毛の表面がツルリとしていてキメが整ったような感触。
また、髪を結ぶ時にはサイドや襟足の部分をキュッと纏めることができ、その感触もいい感じ!
新しいブラシを新調しようかな、なんてお考えの方には是非おススメです!

   *     *     *     *     *     *     *     *     *     *     *

9月からのこの1ヶ月間、あちこちと買い付けに飛びまわっています。
ショップをなかなか更新できずに申し訳ございません。
カフェオレボウルや古いお皿、アンティーク雑貨と50、60年代BOCHのアイテムもたくさん見つけてきました。
これから少しずつご紹介してまいりますので今しばらくお待ちくださいね^^

素敵な週末をお過ごしください。

2年に一度開催される、フラワーカーペット。
世界遺産に登録されているブリュッセルのシンボル『グランプラス』に本物の花弁で巨大なカーペットが描かれます。
今年の日程は8月15日~19日。
でもいちばんのおススメは、初日前夜(つまり14日の夜)に作業が終わったばかりの出来立てホヤホヤを見に行くこと!
花弁もフレッシュですし、作業を終えたスタッフの皆さんの達成感と、見届けた観客達の感動でなんとも言えない温かい雰囲気に包まれているのです。
この時期ベルギーをご旅行されている方がいらっしゃいましたら是非^^

詳しくはコチラをご覧くださいね。 Flower Carpet 2012 
今年のデザインも見られますよ。

画像は前々回、2008年のカーペットの様子。
この巨大さがおわかりいただけますか?^^
ベルギーの今年の夏はみごとに冷夏。
6月にはジリジリと太陽が照りつける日もあったのですが、7月に入ってからはほぼ毎日20℃前後の気温の日々。
一日のあいだに天気がコロコロと変わり、突然の大雨に遭遇してしまうことも度々。
終日上着が手放せず、トレンチコートやレザーのジャケットを着ている人も。
涼しいリネンのスカートとお気に入りのサンダルを履いてお出かけ、なんてこの夏まだ一度もしていないかも…。

そんな不安定な天候のせいか、うっかり風邪を引いてしまいました。
本来でしたら先週末頃に新着のご紹介をしたかったのですが、準備が遅れております。ゴメンナサイ。
金曜日くらいにはご案内できると思いますので、今しばらくお待ちくださいね。

なんだか今一つ物足りない今年の夏ですが、植物たちの生き生きとした緑を見てはリフレッシュしています。
たっぷりと水分を含み厚みが増した葉っぱたちが作る木陰は、日差しが強いほどより黒い陰を作り、そのコントラストはうっとりするほど。
あともう一回くらい、こんな夏日が戻ってきてくれたらいいのだけれど…。
春が訪れたら心待ちにしていること。
それは、ご近所さんのお宅の藤棚が満開になること!
大きなメゾンを覆い隠すかのように咲き乱れる藤の花。これも丁寧なお手入れの賜ですよね。
近づいてみると、ふんわり甘い香りがして。。。
愛犬の散歩に出るたびお宅の前を通り、うっとりと見上げて(怪しがられていたかも?^^;)
今年も堪能させてもらいました。
このところ暑い日が続き藤はもう終わりだけれど、これからはバラ、そして、ラベンダーが咲き始めますね。
さらりとした風に乗って優しい香りが漂い始めるのも、もうすぐです。

このところ暖かい日が続き、こちらブリュッセルでもちらほらと咲き始めましたよ。
太陽に向かってキュッと枝先を持ち上げる力強い生命力に春の訪れを再確認。
また素晴らしい季節がめぐってきましたね。皆さまのお住まいの地域ではいかがですか?^^

素敵な週末をお過ごしください。
欧州全体を襲っている大寒波。ブリュッセルでも毎日氷点下の日々が続いています。
雪が降ったのは1日だけでしたのでそれほどの混乱はなかったのですが、とにかく痛いくらい寒い!
年末年始には暖かい日が続いたのですっかり油断していました。
1月の中頃には、野生の水仙が満開だったくらいですから…。

画像はこの週末の公園。
木々の間の雪が積もっている部分、分かりますか?実はこの部分は公園を囲むようにある大きな池。
すっかり凍りつき、今では地面の延長のように見えます。
公園に住む水鳥たちも唯一凍っていない一部分に集まって。こんな時でも水のそばがいいのですね…。

とはいえ、天気予報を見るとどうやらこの寒さも今週には緩むようで久しぶりの雨の予報。
この数週間、空気が激しく乾燥した日が続いていたので、天然の潤い補給は嬉しいかも。
このまま春に近づけるか、はたまた、寒さがもう一度戻ってくるか…。戦々恐々といったところです。



あす月曜日にまたまたストが行われるベルギー。
今回はかなり大規模なストで、バスや地下鉄、タリスやユーロスターも含む全ての公共交通機関が運休。そして空港も閉鎖されるとのこと。
また、スーパーなども営業をしないとのことで、土曜日には日曜日と月曜日の分の食料を買い込む人たちで大変な混雑でした。
(ベルギーではスーパーなどの多くのお店は日曜日は営業しません。)

先日、郵便局を訪れた際、窓口のムッシューに月曜日は営業されるのかと尋ねると、
「うーん、どうかなぁ。今のところオープンする予定だけど、メトロやバスが動かないとみんな通勤して来れないからねぇ。いつもの時間通りに開けることはできないんじゃないかなぁ。様子を見るしかないよね。アハハ。」とのこと…。
様子を見る、なんて言ってるけど、端から営業する気なんてないのは明らか。
「アハハ、それじゃ仕方ないよね~。」と私も答えておきました。。。

そのような訳で、発送をお待ちいただいているお客様には大変申し訳ございませんが
30日月曜日の発送手続きはお休みとさせていただきます。
翌31日より発送業務を再開しますので、順次手続きが完了しましたらご案内させていただきます。宜しくお願い致します。

ところで、画像の“A-PRIOR”シール。お届けするお荷物にはいつも貼っていますので、ご記憶のお客様もいらっしゃることでしょう。
ベルギーポストのサイトには、「このシールを貼り忘れると(エアメールとして)通常通り仕分けされないリスクがあります。」と注意書きがされています。
小さいけれと重要な意味があるシール。(それにちょっと可愛いでしょ^^)
お荷物が無事到着したら、チラリと見てあげてくださいね。


明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

みなさま、楽しいお正月休みをお過ごしになられましたか?
帰省された方は久しぶりに会うご家族やご親戚、古くからのご友人との再会を喜ばれたことでしょう。
また、三が日もお仕事だった方もいらっしゃるかもしれませんね。
それぞれの形で、静かに平和な新しい年を迎えられたと信じております。

私は友人のお宅に仲良しが家族を連れて集まり、食べて、飲んで、笑っての楽しい年越しとなりました。
深夜0時ちょうどから数分間打ち上げられる花火を遠くに眺めて、昨年の辛いことはこの爆音と煙とともに消え去ってくれたら、と祈るような気持ちで見つめていました。
昨年は”普通”である(いる)という事は、本当に幸せなことなのだと痛感させられた年でした。
今年は穏やかな一年となる事をただただ祈るばかりです。
          *          *          *          *
ところでこちらブリュッセル、予想されていた大寒波は何処へ行ったのか、暖かい冬となっています。
雪はほんの数回降った程度で、一昨年の様な辺り一面の雪景色はまったくみられず…。
大ハズレの天気予報に、毎日チビちゃんの学校の送り迎えをする友人達は「本当に良かった~」なんて言ってます^^

今年最初の特集の準備をただ今進めております。
新年第一弾は例年通り、当店自慢の50、60年代BOCHのアイテムをたくさんご紹介します。
楽しみにお待ちくださいね!
なーんて、実は私の住む地域の毎年のお祭りなのです。
サンタさんがマーチングバンドと一緒に町内をまわり、道行く人やお店に挨拶をしながら
パニエにたっぷり入ったお菓子を配ってくれるのです。
この時期、軽快なマーチ演奏が聞こえてくると、「あ、サンタさん来た!」って^^
あの赤い衣装と白い髭には、やはりワクワクさせてくれる魅力があって…。
実はサンタ役はご近所の〇〇さん、って知っているんですけどね^^

楽しいクリスマスをお過ごしください。
ベルギーはとにかくストの多い国。(ヨーロッパの国はどこも、かな…^^;)
つい2週間くらい前にもなにかのストがあったばかりなのに、今回は公共サービスの職員達のスト。
つまり、交通、郵便、消防、公立学校、各お役所 etc・・・そういった機関が丸一日仕事を放棄して政府に対して要求を訴えています。(今回は年金に関する要求だったようで…。)

画像はシャッターが閉まったままの状態の地下鉄の駅。
毎朝隣り駅まで散歩がてら駅構内に置いてあるフリーマガジンを貰いに行くのが私と愛犬の日課。
何故か駅を散策するのが大好きな我が愛犬に、今日は行けないんだよ、と言ったところで分かるはずもなく、
なんでっ!?と不満爆発な表情でこちらを見て… ^^;
いつものコースに行くまで動かない!と踏ん張る犬(体重15kg)を仕方なく担いで帰ってくる飼い主。
ストは人が一番困る時期にするのが大切 と言うけれど、こんな風に困惑しているのは私くらいかもしれませんね…
ベルギーの今年の秋。
珍しく雨の少ない晴天の日が続き、美しい紅葉を楽しんでいます。
画像は田舎へドライブに出かけた時の1枚。
紅葉した木々の向こうに菜の花畑が広がっているのがわかりますか?
木々が色づき始めたと思ったらその後は小春日和が続き、どうやら菜の花も目を覚ましてしまったようです。
田舎道を走っていたら『 Brocante 』の手描きの看板を見付けて。
偶然通りかかった小さな村で地域のお祭りとブロカントが催されていて、予定外の嬉しい遭遇に車を停めて早速宝探し。
すぐ隣りには牛たちがのんびり草を食む広大な牧場が広がる場所でのブロカント。
きっとここにいるみんな全員が顔見知りだろうな、と思わせる小さくて和気あいあいとした可愛らしいお祭りでした。
もちろん素敵なアイテムも見付けてきましたよ。これからご紹介していきますね。
強い雨と日射しの合間に現れた大きな虹。
うわぁ、と思わず声に出してしまうほど、神々しさに溢れた景色でした。
素敵な一週間になりそうな嬉しい兆し!
皆さまにもおすそわけ^^
ブリュッセルでの大切なお友達が素敵なwebショップをオープンしました。
Petiti choux(プチシュー)http://petits-choux.ocnk.net/

このお店の特徴はミッド・センチュリーのポップでキュートなモチーフのアイテムを数多く紹介しているところ。
またFire-King、Old Pyrexといったミルクガラスのアイテムも豊富にラインナップ。
実はブリュッセルのブロカントでは、状態の良いU.S.アンティークに度々出逢える事も。
そんなレアアイテムをこれからたくさん紹介してくれることでしょう
ずっとお探しだったアイテムをプチシューで見つけられるかもしれませんよ^^

ロブジェデリシュウともども『Petit choux(プチシュー)』を宜しくお願い致します。
風薫る5月が過ぎ、今ブリュッセルは 『ウサギ跳ねる6月』。
森や大きな公園ではこの春誕生した野ウサギ達が草を食み、じゃれあう様に走り回る姿が見られます。
人間の通る散歩道から少し離れた茂みには、野ウサギ達が地面を掘り築いた巣があって、
大きな入口の穴、そして、内側はきっと複雑に入り組んでいるであろうことが伺える巣の様子は、
ついつい近づいては見入ってしまうほどの造形美。(中に潜んでいるウサギ達には迷惑でしょうが…)
人間や私の愛犬の気配などを感じると、勢いよく穴に飛びこんで吸い込まれるように消えてしまうのです。

我が家から徒歩10分の公園ではその他、野生のリス、ハリネズミ、キツネも見かけます。
また、ブリュッセルは主都ながら豊かな自然のお陰で、欧州他国の首都と比べ何倍もの種類の野鳥が生息しているそうです。
草も花も動物たちも、新しい命が宿る春。いい季節になったなぁ、としみじみ思うこのごろです。

皆さま、すてきな一週間を。